グリーンスムージーとは

ここ何年か前から、グリーンスムージーは女性の間で圧倒的な人気を誇っていますね。

健康的になりたい、ダイエットしたい、肌の調子を整えたい、おなかの調子を整えたいという女性の希望をすべて解決してくれるようなスペシャルドリンクとしてグリーンスムージーが期待されています。

では、そのグリーンスムージーはどのようなものなのか、改めて確認してみたいと思います。

グリーンスムージーを定義づけるなら、それは、グリーンであらわされる生の葉野菜と、フルーツ、水をミキサーで混ぜ合わせたジュースの事をいいます。

現代人が絶対的に不足している栄養素である生の葉野菜の成分を、きちんと体に取り込むために、とても有効な飲み物です。

このグリーンスムージーを開発したのは、アメリカの有名なローフード実践者である、ヴィクトリア・ブーテンコ氏です。

今ではいろいろな種類があるグリーンスムージーですが、いくつかの基本的なルールもあります。

まず1つめは葉野菜、フルーツ、水以外のものは、基本的に入れないというものです。

2つ目は根菜などのでんぷん質の野菜も使わないということ。

3つ目は出来るだけ毎日飲み、出来れば1日1リットルは飲みたいということです。

4つ目は食事と一緒ではなく単体で飲み、何か食べる場合は前後40分以上はあけること。

5つ目は常温で時間をかけて味わうようにゆっくり飲むということです。

これらを実践することによって、デトックス効果が得られ、身体にもいろいろな健康的変化が起きてくると予想されています。

人によって効果の表れ方は違いますし、どのような野菜やフルーツ化を使うかによって違いもありますが、基本的には、便秘解消、美肌効果、ダイエット、むくみ改善、睡眠の質の向上、疲れにくくなる、花粉症や生理痛などの症状が軽くなるということがあります。